おうちでできるホワイトニングについて紹介しているサイト

白い歯を保つためにできる工夫

濃い色の食べ物には注意

コーヒーやカレーライスなど、多くの人が日常的に摂取している食べ物の中には色の濃いものがたくさんあります。
普段の生活でもそうですが、ホワイトイング後の歯は特にデリケートな状態で、色素を吸着しやすくなっています。
こうした色の濃い食べ物やお茶やワインなどの飲み物を摂る時は直後になるべく時間を置かずにブラッシングするか、できれば控えるのが望ましいでしょう。

また、色の濃い食べ物でなくても何かを飲んだり食べたりした時はなるべく早めにブラッシングすることが、長く白い歯を保つ上で大切なことです。
ブラッシングが難しければマウスウォッシュで口をすすぐだけでも違うので、お手洗いなどのタイミングで実践するのもオススメです。

ブラッシングを見直す

歯のケアは何と言ってもブラッシングが第一です。
毎日数回のブラッシングで汚れを落とし、歯を常に清潔な状態に保ことは健康においても審美的な意味においても意味のあることです。

ブラッシングを怠っていたり、全体に行き届いていないと汚れが溜まり歯垢ができてしまいます。
こうなると自分でキレイにすることは難しく、見た目も黄ばんで見えて美しくありません。

ホワイトニングケア用のデンタルペーストも今はとても多くの種類がありますし、マウスウォッシュもさまざまなフレーバーや効果のものがあります。
毎日繰り返される習慣なので、何かを変えることで良くも悪くもなる部分です。

マウスケアにもある程度の手間とコストをかけて気持ちよく美しい口元を目指しましょう。


この記事をシェアする